Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

共働き子育てパパの家族日記。子育て・アウトドア・家族旅行・ANAマイル.....etc

iPhoneを機種変更する時に下取りに出してはいけない理由

スポンサーリンク

iphone8

先日の休みに息子達の朝ごはんをレンジでチンしようと思い、レンジのドアを開けたら上に乗っていました瓶が落下。。。

横で充電しておりました私のiPhoneに直撃しましてこんな事になってしまいました↓

 

iphone 画面割れ

 

さすがに瓶の直撃落下にはガラスカバーも何の意味も無く、衝撃貫通ですね。

ディスプレイ割れると最悪ですよね。。

一気にテンションダウンです⤵︎

 

私こういうのは直ぐに治したいタイプなので早速対応策を考えます。

使っておりますキャリアはSoftbankで、今回画面を割ってしまったiPhone 6sの残り機種代金の分割は4,440円3回、月々割2,625円と下取りプログラムの割引が1,065円ありますので、差し引いて750円の支払いが3ヶ月分残っています。

前回の機種変更の際に「機種変更先取りプログラム(月額300円)」に入っていたので、残り 6ヶ月以内の機種変更は今使っているiPhoneの下取りを条件に、残りの支払いを毎月の通信料から割引きしてくれます。(前倒し手数料2,000円でさらに 6ヶ月前倒し可能)

そんな中考えた対応策はこちら

 

電球 light



 1.画面割れてるのは我慢して機種代金の分割が終わるまで使う。

これがきっと一番節約ですね。でもこんなメキメキばりばりなiPhone我慢して使えないのでまず却下。

 

2.画面を修理して使う。

本命ですね。画面を修理屋さんに持って行って治してもらって使い続ける、一番合理的に感じます。この場合画面の修理費+残りの機種代金750円を3ヶ月払う感じですね。その後は新しい機種にするなり、そのまま使い続けるなり好きに出来ます。

 

3.これを機に機種変更してしまう。

私は「機種変更先取りプログラム(月額300円)」に加入していたので、機種代金の残り3ヶ月は今機種変更しても毎月の通信料から割引きされます。(先取りプログラムの免除は残り 6ヶ月からですが前倒し手数料2,000円でさらに 残り12ヶ月から可能です。)

 

残りちょっとしか使わないiPhone 6sの画面修理費を払うのはもったいない気がしたので、私はこれを機に機種変更してしまう事にしました。

スポンサーリンク

近くのソフトバンクショップに行き、一番お得に機種変更出来る方法を相談して見る事にします。選べるパターンはこちら

 

1.先取りプログラムを使って機種変更をする

「機種変更先取りプログラム」を使って機種変更をすると、私の場合残り3ヶ月の機種代金の支払い4,440円×3=13,330円が免除になります。この場合画面が割れてしまったiPhone 6sの下取りが条件となります。

 

2.下取りプログラムを使って機種変更後の月々の料金の割引を受ける

こちらの場合、先ほどの「機種変更先取りプログラム」は利用せず、機種変更後の月々の料金が割引になる「下取りプログラム」を利用します。私のiPhone 6sの下取り金額は520円×24回で12,480円です(2017年10月現在)。

さらに下取り後「ソフトバンクカード」という、年会費・入会費無料のVisa プリペイドカードに入会すると下取り機種の種類に応じた金額をプリペイドチャージしてもらえます。私のiPhone 6sの場合は4,800円です(2017年10月現在)。

そしてさらに「機種変更先取りプログラム」を利用しなかった場合、今まで払っていた月額300円は戻って来るので300円×21回の6,300円が戻って来ます。

こちら場合、12,480円+4,800円+6,300円=23,580円

残りの機種代金は払わないといけないので、23,580円−12,480円=11,100円得する事になります。

 

私の場合残りの機種代金が3ヶ月だったので下取りに出した方がお得な気がします。

 

が、

 

もし皆様、機種変更を考えていて私のiPhoneみたいに画面バキバキでなければ上記の2つの方法は使わず【iPhoneの中古買い取り専門店】で売った方が確実にお得です。

スポンサーリンク

3.iPhoneの中古買い取り専門店で売る

色にもよりますが状態が良いもので箱、付属品があればiPhone 6s 64Gで25,000円〜30,000円位で売れます(2017年10月現在)。

iPhone買取と白ロム携帯の買取と販売【モバイルモバイル東京池袋本店】

中古でiPhoneを売る際には事前にSIMロックを解除しておくと査定額が4,000円位アップするので、機種変更や解約をする前にインターネットでSIMロックを解除しておきましょう。インターネットから自分でやれば0円ですが、ソフトバンクショップなどで頼むと事務手数料が3,000円かかってしまいます。

例えばiPhone 6sが25,000円で売れたとすると、

25,000円+6,300円=31,300円

31,300円−13,300円=18,000円

残り機種代金13,300円引いても18,000円手元に残る計算になります。

ソフトバンクの「下取りプログラム」は月々の通信料から割引きなので、24ヶ月同じ機種を使い続けて初めて満額の割引ですが、こちらなら先に現金で受け取る事が出来ます。

さらに【iPhoneの中古買い取り専門店】ではなく自分で【ヤフオク】【メルカリ】などで売れば、中古買い取り店の買い取り相場より5,000円〜10,000円は高く売る事も出来ます。

 

3つのパターンを比べてみると

1.先取りプログラムを使って機種変更をする→プラスマイナス0円

2.下取りプログラムを使って機種変更後の月々の料金の割引を受ける→プラス11,100円

3.iPhoneの中古買い取り専門店で売る→プラス18,000円

というわけで機種変更した後の残ったiPhoneは下取りに出さず、【中古買い取り専門店】又は自分で【ヤフオク】【メルカリ】などで売った方がお得ですね。 

これはあくまでも私の条件での計算なので、機種代金の支払いの残り月数が多い方は「機種変更先取りプログラム」を利用した方がお得なパターンもあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は自分の不注意から画面を割ってしまい、こんな事になりましたが近い将来【画面の割れないiPhone】が発売されたら良いなと思う今日この頃です。

皆さんも機種変更の前には一度ご自分の携帯キャリアのサービスや中古買い取り相場を調べてから、機種変更する事をお勧めします。ちなみ私は「ソフトバンクカード」 の入会が面倒だったので、画面が割れたiPhone 6sを中古買い取り店で15,000円で売り「iPhone8」を手に入れました。

新しい携帯ってなんかワクワクしますね♪

以上ナガアゴシマでした。

スポンサーリンク