Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

共働き子育てパパの家族日記。子育て・アウトドア・家族旅行・ANAマイル.....etc

Figure-rise Mechanics【フィギュアライズメカニクス ドラえもん】を買ってみた感想

スポンサーリンク

Figure-rise Mechanics ドラえもん

先日の日曜日に奥さんと息子達と家族4人で「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました。その日の帰りにミュージアム出口付近にあります「お土産コーナー」で私、物欲を掻き立てられてしまいました。それがこちらのFigure-rise Mechanics【フィギュアライズメカニクス ドラえもん】であります↓

 

「ドラえもん」を内部のメカから組み立てられる上に、外装パーツはクリアパーツと塗装パーツの2種類が入っているので組み立て後も「スケルトン状態ドラえもん」も楽しめるという、なんとも男心をくすぐる仕様となっております。

 

f:id:naga_agoshima:20180211191212j:image

この日は一旦落ち着いて息子達の「飴ちゃん」と奥さんの「手ぬぐい」を買って「藤子・F・不二雄ミュージアム」を後にしましたが、やっぱり欲しくなってしまったので購入してみる事にしました。

そこで今回は【Figure-rise Mechanics フィギュアライズメカニクス ドラえもん】を買ってみた感想をご紹介してみたいと思います。

 

実際に届いて組み立ててみた感想

こちらの「フィギュアライズメカニクス ドラえもん」「バンダイ」さんから発売されていて、ミュージアム限定商品という訳では無いのでネットショップなどからも購入する事が出来ます。

私は「楽天ポイント」が少し貯まっていたのでそちらを使って購入しました。実際に届いてダンボールを開けてみると

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

おぉ〜!こんな感じです。早速開けてみると↓

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

大きな4枚のパーツパネルと説明書、小さなシールが入っています。プラモデルを久しく作っていないのでワクワクして来ます♪パーツのパネルは4種類です。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

「内部メカパーツ」

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

「四次元ポケットなどの外部パーツ」

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

「不透明バージョン 外装パーツ」

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

「半透明バージョン 外装パーツ」となっております。早速説明書を見ながら息子達と一緒に組み立ててみる事にしました。説明書には「ドラえもん」の内部メカ構造も載っています。

 

ドラえもん 内部構造

Figure-rise Mechanics ドラえもん

まずは頭部から作ります。ベースのパーツを組み立てて

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

そこに目と鼻と耳のメカパーツを付けると「ドラえもん」の内部メカが出来ます。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

もう「ドラえもん」感ありますね。次に胴体部分を組み立てます。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

こちらに「四次元ポケット」の内部メカなどを取り付けると

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

こんな感じになります。次に脚部分を作ります。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

この部分に可動式の脚パーツを付けて

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

こんな感じです。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

なんかメカメカしいですね。カッコいいです。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

合体するとこうなります。かなりクオリティ高いです。こちらに外装パーツを付けていきます。今回はせっかくなので内部が見える半透明パーツで組み立ててみます。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

まずは頭部から作ります。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

各パーツがかなり「ピタッ」とハマるので気持ちいいです。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

内部メカ構造が透けてますね。胸アツです。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

胴体パーツに「四次元ポケット」を付けるとこんな感じです。「四次元ポケット」部分のパーツはちょっとだけ開くようになっていて可動します。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

脚部分やシッポにも外装パーツを付けて

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

組み立てれば「ドラえもん」の完成です。

 

Figure-rise Mechanics ドラえもん

後ろから見ても内部メカが透けていてかなりいい感じです。

 

まとめ

今回は【Figure-rise Mechanics フィギュアライズメカニクス ドラえもん】を買ってみた感想をご紹介させて頂きました。

内部メカパーツもクオリティが高くて大満足でした。そこまで難しいプラモデルではないので子供達と一緒に作るのも楽しいと思います。

私が説明書を見ながら「Aの◯番のパーツ取ってくれる?」と頼むと長男が持って来て、自分で組み立ててみたりしている姿に息子達の成長を感じました。組み立て後は次男坊が嬉しそうに奥さんに自慢していました。

息子達と初めて一緒にプラモデルを作ったのでいい思い出になって良かったです。

以上ナガアゴシマ(@naga_agoshima)でした。

スポンサーリンク