Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

共働き子育てパパの家族日記。子育て・アウトドア・家族旅行・ANAマイル.....etc

【自動膨張式マット】インフレーターマットおすすめ6選と実際に購入してみた感想

スポンサーリンク

キャンプ

キャンプでのテント泊や車中泊に重宝する「インフレーティングマット(自動膨張式マット)」こちらのマットがあればテントの下がある程度デコボコしていても快適に過ごす事が出来そうとの事で、わが家でも購入してみる事にしました。

そこで今回は「【自動膨張式マット】インフレーターマットおすすめ6選と実際に購入してみた感想」をご紹介してみたいと思います。

 

インフレーターマットとは?

「インフレーターマット(インフレーティングマット)」はテント内に敷く事で、アウトドアでも凸凹を気にせず寝る事が出来るマットの事です。マットに付いている栓を開ける事で空気を自動で中に取り込んでくれるので、膨らます手間も省けて嬉しいですね。

また断熱性にも優れているので、冬のキャンプでは冷たい地面からの冷気も防いでくれる効果もあります。

 

おすすめインフレーターマット(自動膨張式マット)6選

Coleman(コールマン)キャンパーインフレーターマット/シングルIII

コールマンから発売されているこちらの「キャンパーインフレーターマット」は厚さ5cmの自動膨張式マットで、同じマットを並べて連結する事も出来ます。キャンプの参加人数に合わせて持っていく数も調整できていいですね。2枚セットの「Wセット」もあります。

・使用時サイズ:幅約63cm×長さ約195cm×厚さ約5cm
・収納時サイズ:直径約15cm×長さ70cm
・重量:約1.8kg
・材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

 

Coleman(コールマン)キャンパーインフレーターマット/W

こちらの「キャンパーインフレーターマット/W」はその名も通りダブルサイズのマットです。こちらも自動膨張式で厚さは約4cm、お子様連れのママキャンパーにも嬉しいですね。

・使用時サイズ:幅約130cm×長さ約195cm×厚さ約4cm
・収納時サイズ:直径約24cm×長さ70cm
・重量:約3.5kg
・材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

 

 Hilander(ハイランダー) キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 4.0cm ブラウン ダブル

ハイランダーから発売されているこちらのインフレーターマットは「スエード生地」になっているので、そのまま寝転んでも肌触りが気持ち良さそうですね。枕付きタイプなのも嬉しいポイントです。

・使用時サイズ:幅約132cm×長さ約192cm×厚さ約5cm
・収納時サイズ:直径約30cm×長さ70cm
・重量:約3.4kg
・材質:ポリエステルスエードタイプ/PVCコーティング、ポリウレタンフォーム

 

BearsRock(ベアーズロック) 自動膨張式キャンプマット 

こちらの「ベアーズロック 自動膨張式キャンプ マット」は豊富なカラーバリエーションが魅力のインフレーターマットです。家族全員で色違いで揃えるのも良いですね。

・使用時サイズ:幅約60cm×長さ約195cm×厚さ約3cm
・収納時サイズ:直径約18cm×長さ33cm
・重量:約1.1kg
・材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

 

クイックキャンプ インフレータブルマット 車中泊マット 8cm厚 2枚セット

こちらの「クイックキャンプ インフレータブルマット」は、厚さが8cmとかなり厚めに作られているので、とにかく寝心地重視のキャンパーさんにおすすめですね。マット幅も70cmと少し大きめに作られていて連結も可能です。

・使用時サイズ:幅約70cm×長さ約201cm×厚さ約8cm
・重量:約2.5kg
・材質:75Dポリエステル、ポリウレタンフォーム

 

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用マットレス ファスト&ライトシリーズ プロライト プラス 

こちらの「サーマレスト プロライトプラス」はサーマレストの自動膨張式マットの中で最も断熱性が高いモデルで、冬場のキャンプでも冷たい地面からの冷気を遮断してくれます。

・使用時サイズ:幅約51cm×長さ約183cm×厚さ約3.8cm
・収納時サイズ:直径約12cm×長さ28cm
・重量:約650g
・表面材質:50Dミニヘックスポリ、裏面材質:50Dポリエステル

 

実際に自動膨張式マットを買ってみた感想

私の家族は6歳と3歳の息子二人と奥さんと私の4人家族なのですが、色々調べて奥さんとも相談してみた結果わが家は「クイックキャンプ インフレータブルマット 8cm厚 2枚セット」を2セット買う事にしました。購入の決め手は↓

・なるべく厚みがあった方が気持ちよさそう

・4人で川の字で寝るので連結可能なタイプが良かった

・他の商品よりも若干幅が広いのでゆったり寝れそう

・4人分必要なのでコストパフォーマンス重視

と言った所です。実際に届いたマットを開けてみるとこんな感じです↓

インフレーターマット

8cm厚の物を選んだので、割と収納サイズも大きめです。中を開けてみると↓

インフレーターマット

こんな感じでグルグル巻きになっているので、これを開いて広げます。

インフレーターマット

あとは2ヶ所に付いているバルブを開けて↓

インフレーターマット

5分〜10分程放って置けば空気を吸って膨らむので先程のバルブを閉じて完成です↓

インフレーターマット

実際に一度キャンプにも持って行って使用してみましたが、今までの寝心地が何だったのかと言うくらい最高の寝心地でした。もっと早く買っておけば良かったです 笑。

 

まとめ

という訳で今回は「【自動膨張式マット】インフレーターマットおすすめ6選と実際に購入してみた感想」をご紹介させて頂きました。

今までわが家はスノーピーク純正のテントインナーマット(0.5cm)の上に、家から毛布などを持って行って敷いていましたが、インフレーターマットなら収納時も小さくなりますし寝心地も最高なので、かなりおすすめのキャンプグッズだと思います。

以上ナガアゴシマ(@naga_agoshima)でした。

スポンサーリンク