Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

共働き子育てパパの家族日記。子育て・アウトドア・家族旅行・ANAマイル.....etc

人気のオートキャンプ場【北軽井沢スイートグラス】に雨の日に行ってみた感想

スポンサーリンク

北軽井沢スウィートグラス

先日のお休みに群馬県にありますオートキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」に行って来ました。

こちらの「北軽井沢スウィートグラス」は予約が取りづらい人気のキャンプ場として有名ですが、今回平日に休みが取れたのと天気予報がイマイチだったので普通に予約する事が出来ました。

直前まで雨予報だったのでキャンセルするか迷ったのですが、息子達はノリノリで「雨でも行く〜!」との事でしたので予定通りキャンプ決行。

実際に行ってみると、流石人気のオートキャンプ場だけあって素晴らしいスポットでしたので、今回は「人気のオートキャンプ場【北軽井沢スイートグラス】に雨の日に行ってみた感想」をご紹介してみたいと思います。

目次

 

「北軽井沢スウィートグラス」へのアクセス方法

群馬県吾妻郡長野原町にあります「北軽井沢スウィートグラス」は浅間山の裾野に広がる「北軽井沢」の大自然の中にあります。アクセス方法はこちら↓

車でのアクセスの場合

上信越自動車道の「碓氷軽井沢IC」を下りて約50分程でアクセスする事が出来ます。こちらのルートは軽井沢のど真ん中を通過するので、季節によってはかなり渋滞します。ハイシーズンには関越道「高崎IC」「渋川伊香保IC」などから迂回した方が良さそうです。

電車・バスでのアクセスの場合

JR上越新幹線「軽井沢駅」またはJR吾妻線「長野原草津口駅」から草津交通バスで「北軽井沢」で下車、そこから徒歩約30分でアクセスする事が出来ます。

高速バスの場合「渋谷(マークシティ前)」から「北軽井沢」の停留所までダイレクトで行く事も出来ます。車で先に行ってる友達などと合流する際に便利ですね。

 

雨の日の「北軽井沢スウィートグラス」実際に行ってみた感想

北軽井沢スウィートグラス

今回わが家は金曜日から土曜日にかけて1泊2日で予約していたのですが、天気予報は2日間とも雨。

キャンセルも考えましたが息子達は「雨でもキャンプ行く〜♪」とか「お肉濡れちゃうかもね〜♪」だとか、もう既にキャンプモードでしたので、奥さんと相談して今回は雨予報の中「北軽井沢スウィートグラス」に行ってみる事にしました。

平日の金曜日でしたので「碓氷軽井沢IC」からも殆ど混雑する事無く到着する事が出来ました。着いたら先ずこちらの「管理棟」で受け付けを済ませます↓

北軽井沢スウィートグラス 管理棟

私達がこちらのスウィートグラスに訪れたのは7月だったので、短冊を飾る用の笹が準備されてました。スタッフの皆様とても感じ良く、丁寧にキャンプのルールなど説明してくれます。

管理棟の横にはレンタル用品を借りれる場所や売店が併設されていて、足りない消耗品やキャンプグッズを買い足す事も出来ます。

北軽井沢スウィートグラス 売店

北軽井沢スウィートグラス 売店

可愛いグッズが沢山あるので目移りしてしまいますが、わが家はとりあえず薪だけ購入してキャンプサイトに向かう事にしました。

 

「北軽井沢スウィートグラス」のエリアマップと各サイトや宿泊施設のご紹介

約3万坪の敷地内にオートキャンプ場やコテージ、ツリーハウスなど様々な宿泊施設を兼ね備えた「北軽井沢スウィートグラス」の全体マップはこんな感じです↓

北軽井沢スウィートグラス マップ

出展:http://sweetgrass.jp/facilities/tent.html

わが家は今回初めてだったので、とりあえず「広々草原サイト」を予約してみました。

 

広々草原サイト

北軽井沢スウィートグラス 広々草原サイト

北軽井沢スウィートグラス 広々草原サイト

「広々草原サイト」はその名の通り広くて開放感のある草原サイトです。この日の「広々草原サイト」はほぼ貸し切り状態でした。フリーサイトではなく、区画に分かれているので予め決められた区画にテントを張ります。

ちょうど運が良い事に、タイミングよく雨が止んでくれたのでササっとテントとタープを張って、場内を少し散歩してみる事にしました。

 

ガーデンサイトX

北軽井沢スウィートグラス ガーデンサイト

「ガーデンサイト」は区間ごとに木に囲まれていて、プライベート感があります。ベンチとテーブルが設置されているのも嬉しいですね。

 

ハンモックサイト

北軽井沢スウィートグラス ハンモックサイト

「アサマヒュッテ」の裏にあるハンモックサイトには、ハンモックを引っ掛けるスタンドが予め用意されているサイトです↓

北軽井沢スウィートグラス ハンモックサイト

こちらに好きなハンモックを掛けてゆらゆら出来ます。良い時間が過ごせそうです。

 

ガーデン広々サイト

北軽井沢スウィートグラス ガーデン広々サイト

通常のサイトの約2倍の広さがあるこちらの「ガーデン広々サイト」は、1家族で広々使うも良し、2家族でグループキャンプを楽しむも良しのサイトです。(定員10名)柵から飛び出さないワンちゃんならリード無しでOKなので、ペット同伴のご家族にも嬉しいですね。

 

フリードッグサイト

北軽井沢スウィートグラス フリードッグサイト

ペット連れの方に嬉しいこちらの「フリードッグサイト」は、最大3頭のワンちゃんとリード無しで過ごせるサイトです。サイト内にはウッドチップが敷き詰められているので、雨の日も泥だらけにならない様に工夫されています。

 

電源付きデビューサイト

北軽井沢スウィートグラス 電源付きデビューサイト

各種ワークショップや、週末は軽食が楽しめる「アサマヒュッテ」の向かいにあるのが「電源付きデビューサイト」です。こちらも広々していて開放感があります。

 

ソロサイト

北軽井沢スウィートグラス ソロサイト

キャンプ場入り口近くにあります「ソロサイト」は定員1名のソロキャンプ様サイトです。区画内には車やバイクは停めれないので、無料駐車場に駐車します。

 

ポリンポリンサイトX

北軽井沢スウィートグラス ポリンポリンサイト

こちらの「ポリンポリンサイトX」は区画内にトランポリンが用意されているサイトで定員10名、テントは2つまで設営する事が出来ます。子供連れのグループキャンプに最適ですね。

 

林間サイト・林間広々サイト

北軽井沢スウィートグラス 林間サイト

子供達の遊び場「おしぎっぱの森」近くにあります「林間サイト」は木々の間に区間分けされたオートキャンプサイトです。すぐ近くに遊び場があるので子連れキャンプにおすすめです。

こちらの「北軽井沢スウィートグラス」には様々なキャンプサイトが用意されているので、用途に合わせて色々選べるのも嬉しいポイントですね。

「北軽井沢スウィートグラス」には、キャンプサイト以外にも多彩なキャビンやコテージがあります。

 

ツリーハウス・マッシュルーム

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・マッシュルーム

「スウィートグラス」のキャビンの中でも一際目を惹くのがこちらの「ツリーハウス・マッシュルーム」です。曲線的な形が可愛いですね。「ツリーハウス・マッシュルーム」の近くには「マッシュルームランド」というキノコ型の遊具があります↓

北軽井沢スウィートグラス マッシュルームランド

 

ツリーハウス・フォレスト

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・フォレスト

林間サイトの近くにあります「ツリーハウス・フォレスト」は、キャビンの一階部分にブランコや木馬などが用意されていて、子供達が遊べる様になっています↓

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・フォレスト

 「スウィートグラス」のキャビンには最小限の家具と薪ストーブが用意されています。森の中でのシンプルな宿泊、貴重な体験が出来そうです。

 

「北軽井沢スウィートグラス」のコテージ

北軽井沢スウィートグラス コテージ

北軽井沢スウィートグラス コテージ

「スウィートグラス」のコテージは薪ストーブをはじめ家具や食器、冷蔵庫やトイレも完備されているので、気軽に宿泊を楽しむ事が出来ます。薪ストーブで作る料理の食材も予約可能なので、コテージでのんびり薪ストーブ料理を楽しむのも良いですね。

「北軽井沢スウィートグラス」にはこの他にも様々なキャビンやコテージがあります。詳しくはこちらから↓

sweetgrass.jp


テントを張り終わって雨が止んでいたのでちょっと散歩のつもりが、あまりのサイトの種類や宿泊施設の豊富さに小一時間歩き回ってしまいました。

北軽井沢スウィートグラス ナツツバキ

「ナツツバキ」

うちの息子達も「松ぼっくり」や「虫」を探したりしながら歩き回ったり「アサマヒュッテ」横にある「湧き水コーナー」で、冷たい水を触って「キャッキャ」兄弟ではしゃいだりで楽しそうです。

北軽井沢スウィートグラス 湧き水

 

「北軽井沢スイートグラス」の共有施設や遊び場

場内を散歩してる中で何度か見つけたトランポリンを見て息子達が「トランポリンやりたーい!」との事でしたので「トランポリン広場」にも行ってみる事にしました。

 

トランポリン広場

北軽井沢スウィートグラス トランポリン

「スウィートグラス」にあります「トランポリン広場」には計4台のトランポリンとバスケットゴールがあります。トランポリンの利用は1回30分500円の予約制で管理棟で予約する事が出来ます。

北軽井沢スウィートグラス トランポリン

この日の「トランポリン広場」は誰も居なかったので、私が管理棟に行き今すぐ利用可能かスタッフの方に尋ねると「どうぞ~、500円です~。」と利用カードを渡してくれました。

外に出ると止んでいた雨がポツポツ。「トランポリン広場」には屋根付きのトランポリンもあるので、こちらで30分遊ぶ事にしました↓

北軽井沢スウィートグラス トランポリン

息子達は飛んだり跳ねたり何だかよく分からない「必殺技」を繰り出したり大はしゃぎ。パパもママもほっこりです。

トランポリンの時間が終わる頃には結構まとまった雨が降って来たので、利用カードを管理棟に返して、テントに戻る事にしました。

 

薪焚きのゆ

今回わが家は「スウィートグラス」内のセルフ風呂「薪焚きのゆ」を予約していたので、途中雨の中お風呂を頂きに行きました。

北軽井沢スウィートグラス 薪焚きのゆ

こちらの「薪焚きのゆ」は予約制なので、インターネット又は電話などで事前に予約する事が出来ます。利用料金は

・通常タイム45分  1室貸し切り 1,200円

・長湯タイム75分  1室貸し切り 2,000円 です。システムはこんな感じです↓

北軽井沢スウィートグラス 薪焚きのゆ

出展:http://sweetgrass.jp/pr/bld/bath/

わが家は通常タイム45分を予約しましたが、家族4人ともそこまで長風呂派では無いので丁度良かったです。

 

*初日の感想*

雨予報の中「スウィートグラス」に来てみましたが、初日は終日どしゃ降りでテントの中で「チーン」て感じにはならず、まずまず良かったかなと思います。

この日は雨が止む事は無かったのでサイト内でBBQを頂いたり、長男が今ハマってる「オセロ」をゆっくり楽しんで22時頃眠りにつきました。

北軽井沢スウィートグラス

スポンサーリンク

 

 

*2日目の朝*

翌朝5時位にテントに打ち付ける雨の音で一度目覚めました。初日に「おしぎっぱの森」方面に行けて無かったので、雨が止む事を祈りながら2度寝。

6時過ぎに起きてみると雨が止んでます♪

携帯でその日の天気予報をチェックしてみると「雨時々曇り」から「曇り時々雨」に変わってました。でもまたいつ雨が降るか分からないので、すぐ遊びに行ける様に色々準備しておきます。

 

炊事棟

という訳で息子達が起きたらすぐ遊びに行ける様に色々片付けたり、朝食の準備をしておく事にしました。私達が宿泊した「広々草原サイト」近くの炊事棟はこんな感じです↓

北軽井沢スウィートグラス 炊事棟

皆様綺麗に使われていて気持ちいいです。さすが高規格キャンプ場、温水完備です。

 

トイレ

炊事棟の横にはトイレがあります↓

北軽井沢スウィートグラス トイレ

中もとても綺麗でログハウスの様な木の香りがします。こちらも蛇口からお湯出ます。

北軽井沢スウィートグラス トイレ

 

そんなこんなで起きて来た息子達とママと朝食を済ませて、また雨が降らないうちに「おしぎっぱの森」方面を目指してみる事にしました。

 

多目的広場

「おしぎっぱの森」の手前には「多目的広場」があります。奥に見えるのが「ドッグラン」です。

北軽井沢スウィートグラス 多目的広場

この日の朝は雨は止んでましたが何だか霧が凄いです。広場の横には「おしぎっぱ画廊」があります↓

 

おしぎっぱ画廊

北軽井沢スウィートグラス おしぎっぱ画廊

こちらの「おしぎっぱ画廊」ではチョークを使って黒板に絵を描く事が出来ます。チョークは売店で1本50円で売っています。

この日の朝私達は売店に寄らずこちらに来たので、チョークは後ほど買いに行く事にしました。

 

ツリーハウス・トントゥ

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・トントゥ

多目的広場でも一際目を惹くのがこちらの「ツリーハウス・トントゥ」です。何だかデザインのセンスがめちゃ良い感じですね。実際に上に登って滑り台で遊んだり、家の中に入る事も出来ます。

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・トントゥ
北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・トントゥ

こちらの「ツリーハウス・トントゥ」からは「おしぎっぱの森」内につながる空中回廊が伸びています。息子達は大はしゃぎです。

北軽井沢スウィートグラス おしぎっぱの森

北軽井沢スウィートグラス 吊り橋

歩く場所が細かったり、途中に少し揺れる「吊り橋」なんかもあるので、ちょっとスリリングです。3歳の次男坊は吊り橋は抱っこ状態で渡りました。

空中回廊を森の中に進むと「おしぎっぱの森」「ツリーハウス・ノア」が見えてきます。

北軽井沢スウィートグラス おしぎっぱの森

 

ツリーハウス・ノア

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・ノア

「おしぎっぱの森」にあります「ツリーハウス・ノア」は底部分が船になっている何とも男心をくすぐるツリーハウスです。

多目的広場にあります「ツリーハウス・トントゥ」と空中回廊で繋がっているので2階から入る事も出来ます。

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・ノア

何でしょうこのデザインセンス、かなり良い感じです。ツリーハウスのてっぺんでは「鐘」を鳴らす事が出来るので、息子達は楽しそうに登ったり降りたりです。

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・ノア

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス・ノア

「舵」をブン回す次男坊

夢中になって遊んでいたらAM9:30を回っていたので「アサマヒュッテ」で行われている「オリジナルバッジ作り」に行ってみる事にしました。

 

アサマヒュッテ

北軽井沢スウィートグラス アサマヒュッテ

「電源付きデビューサイト」前にあります「アサマヒュッテ」は、雨の日でも楽しめるワークショップなど開催しているスポットです。

中にはカフェも併設しているのでサンドイッチやソフトクリーム、クラフトビールなどを頂く事が出来ます。

北軽井沢スウィートグラス アサマヒュッテ

毎週土・日・月曜日営業(夏休みは平日も営業)

こちらでうちの奥さんと息子達は恒例の「ソフトクリーム」を頂いて、オリジナルのバッジ作りをさせて頂く事にしました。

北軽井沢スウィートグラス アサマヒュッテ

バッジ作りの参加費は1回100円、毎日AM9:30〜AM10:30まで開催されています。

今回息子達は初めての「スウィートグラス」でしたので、ライセンスバッジ(SGリトルインディアンクラブ会員証)とオリジナルで作ったバッジをそれぞれ2個づつ貰いました。

息子達も大事そうに胸にバッジを付けてご満悦です。スタッフのお兄さんも子供慣れしていて盛り上げ上手な感じでした。

そんなこんなで時間はもう10時半過ぎ、わが家は前日に「レイトチェックアウト(15:00まで)」を予約していたので、売店でチョークを買って再び「おしぎっぱの森」の方へ行ってみる事にしました。

 

「おしぎっぱの森」のアスレチック

「ツリーハウス・ノア」をさらに奥に進むと、おしぎっぱの森のアスレチックがあります。

北軽井沢スウィートグラス アスレチック

北軽井沢スウィートグラス アスレチック

わが家の息子達には少々レベルが高い感じでしたが、トンネルをくぐったりして楽しんでいました。

 

ハイジブランコ

奥さんと息子達はツリーハウスとおしぎっぱ画廊に夢中でしたので、私だけ「おしぎっぱの森」の中を少し探検してみる事にしました。

アスレチックを抜けて奥に行くと「ハイジブランコ」があります。

北軽井沢スウィートグラス ハイジブランコ

森の中は霧がかかっていて、マイナスイオンたっぷりな感じで涼しいです。

 

地蔵川・ジェロニモの滝

「ハイジブランコ」の近くの坂を下って行くと「地蔵川」が流れています。

北軽井沢スウィートグラス 地蔵川

川には所々、木の板の橋が架けてあるので渡りながら奥に進む事が出来ます。虫かごを持ってこの辺りを子供達と散策しても楽しそうです。

北軽井沢スウィートグラス 地蔵川

北軽井沢スウィートグラス ジェロニモの滝

「地蔵川」の1番奥には「ジェロニモの滝」があります。中に入って遊んでOKらしいので、暑い日は水着になってこちらで遊んでも楽しそうです。

息子達の所に戻ってみると、ワンちゃん連れの方と仲良くなって犬と遊んでいました。キャンプ場での新しい出会いも楽しい思い出になりますね。

この日は幸運な事にほとんど雨に降られる事は無く、テントやタープを撤収して家路を目指す事にしました。

 

まとめ

今回は「人気のオートキャンプ場【北軽井沢スイートグラス】に雨の日に行ってみた感想」をご紹介させて頂きました。

2日間とも雨予報の中、1泊2日で「北軽井沢スウィートグラス」を訪れてみました。結果天気は↓

1日目・昼間3時間ほど曇り、それ以外は雨

2日目・朝5時頃まで雨、それ以降は曇り

でした。幸運な事に2日間ずっと雨ではなかったので、場内を散策したり息子達もたっぷり遊ばせる事が出来たので良かったです。雨上がりの北軽井沢の木々も生々していてとても綺麗でした。

帰りの車中は息子達は遊び疲れてぐっすり、私は奥さんと次回はどのサイトにしようか相談しながら帰りました。「北軽井沢スウィートグラス」また訪れてみたい素敵なキャンプ場です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

以上ナガアゴシマでした。

スポンサーリンク