Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

共働き子育てパパの家族日記。子育て・アウトドア・家族旅行・ANAマイル.....etc

【ラン活】「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」に行ってランドセルを選んで来た感想

スポンサーリンク

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

早いものでわが家の長男坊も今年の4月で無事保育園の年長さんになりました。来年には小学生なんてちょっと信じられない感じもしますが、すくすく成長する姿に嬉しい限りです。

そんな中ご近所のパパママに「ランドセル」について色々伺っていたら、最近は「ラン活(ランドセル活動)」が過熱していて「高級ランドセル」「工房系ランドセル」は夏前には完売してしまうとの事。

そこで私達はゴールデンウィークの休みを使って、以前から気になっていた「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」へ足を運んでみる事にしました。

とても素敵なお店でしたので今回は【ラン活】「土屋鞄製造所 軽井沢工房店に行ってランドセルを選んで来た感想」をご紹介してみたいと思います。

目次

 

「ラン活(ランドセル活動)」とは?

はてな question

近年よく耳にします「ラン活(ランドセル活動」とは、来年小学生1年生になる子供の為にお目当てのランドセルを購入する為の活動で、年々その時期は早まって来ています。

特に「高級ランドセル」「工房系ランドセル」に人気が集中していて、一部のブランドでは予約開始日にホームページにアクセスが殺到してサーバーがダウンしたり、展示会には長蛇の列なんて事もあるそうです。

「工房系ランドセル」などは手作りの物が多く、1年間に製造出来る量が限られているのでこういった現象になっているんですね。

 

わが家の「ラン活(ランドセル活動)」事情

うちの奥さんはこういう世の中の「流行り」が結構好きな方なので、昨年あたりから2〜3件カタログを取り寄せたりしていました。どのブランドも5万円位〜10万円位の物が多く、使用している革の種類などで値段が違います。

やはりカタログだけでなく実際に物を見て選びたかったのですが、私は並んだりするのがあまり好きではないので、展示会を観にショールームに長時間並んで入ったりするのはあまり気が進みません。

そんな中老舗のランドセルメーカー「土屋鞄製造所」からお知らせが↓

“2019年ご入学用ランドセルをご検討いただいているみなさまへ

ランドセルと初めて出会う時間が、
いつまでも心に残る、優しい記憶となりますように。

そんな思いから、あらたな取り組みをすることとなりました。

売り切れを気にせず、ゆっくりご注文していただくために。
ご家族でご都合を合わせ、みなさまでご来店いただくために。
ご注文受付開始から2018年5月15日(火)までは、
ご希望いただいた製品、すべてのご注文をお受けいたします。
どうぞじっくり、ランドセル選びをお楽しみください。”

引用元:「売り切れ」に関する重要なお知らせ / 土屋鞄のランドセル

なんと2018年5月15日(火)までの受注分は全ての注文を受けてもらえるとの事。これはかなり有難い取り組みですね。

実は私昨年財布を紛失しまして、その際に新しく買った財布が「土屋鞄製造所」「ニッティングメッシュフォールディングパース」でした↓

こちらの「ニッティングメッシュフォールディングパース」も大変気に入っていたので、息子のランドセルも「土屋鞄」さんが良いかなと思っていた所にこのニュース。

何件も展示会に行ったり受注開始日にパソコンの前に張り付くのも正直面倒なので、奥さんと相談して「土屋鞄」さんの商品の中から「ランドセル」を選ぶ事にしました。

 

2019年度「土屋鞄製造所」ランドセルラインナップ

「牛革」

土屋鞄 ランドセル 牛革

出展:ランドセルを選ぶ / 土屋鞄のランドセル

「土屋鞄製造所」のランドセルの中でも一番人気の素材がこちらの「牛革」です。革ならではの高級感と丈夫さが特徴。型崩れもしにくく細かいキズが付いても目立ちにくい所も人気のポイント。

「牛革」(全て税込、送料無料)

ベーシックカラー  ¥69,000

プレミアムカラー  ¥74,000

アンティークモデル  ¥76,000

 

「コードバン」

土屋鞄 ランドセル コードバン

出展:ランドセルを選ぶ / 土屋鞄のランドセル

「コードバン」の魅力は何と言ってもその光沢となめらかな肌ざわり。希少な馬のお尻の革を丁寧になめした高級皮革を使用してます。通常「コードバン」は汗や水に弱いですが、こちらは「防水加工」が施されているのでお手入れも不要です。

「コードバン」(全て税込、送料無料)

ベーシックカラー  ¥94,000

プレミアムカラー  ¥100,000

アンティークモデル  ¥105,000

 

「クラリーノ®・エフ」

土屋鞄 ランドセル クラリーノ

出展:ランドセルを選ぶ / 土屋鞄のランドセル

株式会社クラレの「クラリーノ®・エフ」は汚れや雨にも強い天然皮革です。さらに土屋鞄のランドセルの中でも一番軽く、最初から比較的柔らかいので使いやすいのが特徴。

「クラリーノ®・エフ」

ベーシックカラー  ¥59,000 (税込、送料無料)

 

「ヌメ革」

土屋鞄 ランドセル ヌメ革

出展:ランドセルを選ぶ / 土屋鞄のランドセル

革本来の自然な風合いが特徴の「ヌメ革」は 使い込むほどに色つやが深まり、味わいのある「飴色」に近づいていきます。こちらは「防水」などの表面加工がされていないのでお手入れが必要です。

「ヌメ革」

キャメル  ¥100,000 (税込、送料無料)

 

「アトリエ®」

土屋鞄 ランドセル アトリエ

 出展:ランドセルを選ぶ / 土屋鞄のランドセル

「アトリエ®」シリーズは一見シンプルなランドセルですがフタを開けると華やかなイラストが現れます。こちらの「アトリエ®」シリーズは土屋鞄オリジナルの「イタリアンレザー」「クラリーノ®・エフ」の2種類の素材から選べます。

「アトリエ®」(全て税込、送料無料)

イタリアンレザー   ¥76,000

クラリーノ®・エフ  ¥69,000

「土屋鞄製作所」のランドセルは今まで「A4フラットファイル」が入らないというデメリットがあったのですが、2019年モデルから「A4フラットファイル」対応になった点も嬉しいポイントです。

 

「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」へのアクセスと営業時間

「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」は長野県北佐久郡軽井沢町の緑豊かな自然の中にあります。私達はちょうどゴールデンウィークの前半に八ヶ岳方面に旅行に行く予定があったので、ちょっと足を伸ばして「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」に行ってみる事にしました。お店へのアクセスはこちら↓

車でのアクセスの場合、上信越自動車道の「碓氷軽井沢インター」より約6.5kmです。駐車場は専用の駐車場があるのでそちらに駐車する事が出来ます。

電車でのアクセスの場合、JRしなの鉄道「軽井沢駅」から西武観光バス(軽井沢町内循環バス)で「治安のいしずえ」下車→徒歩5分です。

・営業時間  AM10:00〜PM18:00

・定休日  毎週火曜日(祝日の場合は水曜日)4/18〜5/31は火曜日も営業

 

実際に「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」に行ってみた感想

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

この日私達は車でこちらの「土屋鞄製造所 軽井沢工房」を訪れました。

ゴールデンウィークという事もあり、上信越自動車道の「碓氷軽井沢インター」を下りてからは大渋滞。この日は特に他に予定は入れてなかったのでのんびり目的地に向かいます。

 

駐車場に車を停めて木の階段を登ると、木々の向こうに建物が見えてきます。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

エントランスに向かう道には何やら職人さん達が使う道具が↓

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

先に進むとエントランスが見えて来ます。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

植物達もしっかり手入れされていて綺麗なエントランスです。この日はゴールデンウィークの連休中だったので、次々とお客さんが出たり入ったりしています。中に入ると

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

こんな感じでランドセルが展示されています。私達は事前にカタログなどを見て「牛革」「コードバン」「アンティークモデル」が良いかなと思っていたのですが、まずは店員のお兄さんにお話を聞いてみる事にしました。

人気があるデザインはどちらか伺ってみるとやはりこちらの「牛革」のモデルとの事↓

土屋鞄 ランドセル 牛革

実際に長男に背負わせて頂きました。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

もうこんなに大きくなったのかと、なかなか感慨深いものがあります。本人に「どう?」と聞いてみると「うん、これが良い!」との事、早いです。

「他にもあるよ〜?」とうちの奥さん「コードバン」の光沢のあるランドセルを見せます。

すると息子「やっぱこっちが良い!」

パパ「何で?」

息子「光ってるから」

その他にも黒いランドセルを何点か見せたり背負わせてみたのですが、その度に「これが良い!」とうちの息子君。

どうやら黒ければ何でも良いらしいです。

店員さんもとても感じが良くて、丁寧に革の特徴などを説明してくれます。「牛革」は丈夫で傷も目立ちにくく「コードバン」は光沢となめらかな手触りの良さが特徴との事。

結局わが家は「コードバン」「アンティークモデル」を購入する事にしました。

土屋鞄 ランドセル コードバン

出展:ランドセルを選ぶ / 土屋鞄のランドセル

決め手は息子に背負わせた時に「牛革」のマットな感じより「コードバン」の光沢感があった方が良かった所です。ちょっと予算オーバーでしたが、まぁ6年間使う物ならという事になりました。

ランドセルの購入が決まると店員のお兄さんが記念にと、エントランスの看板の所でインスタントカメラで記念撮影してくれました。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

だいぶ待たせたのでご機嫌ナナメだった長男もインスタントカメラの写真が浮き出て来るのを見て嬉しそうです。

 

「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」には店舗以外にも「ランドセル工房」を併設しています。せっかくなのでそちらも見学してみました。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

店舗横の通路を進むと↓

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

製造中のランドセルがズラリ。この日は日曜日で職人さん達はおりませんでしたが平日なら実際に働いている所も見学出来るそうです。ランドセル工房を外から見るとこんな感じです↓

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

外からもガラス越しにランドセル工房の様子を伺えます。店舗横のこちらのエリアは芝生の中庭になっていて、買い物を待っている子供達が走り回って遊んだり、外でランドセルを背負って記念撮影したり出来ます。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

こんな休憩スペースもあって気が利いてますね。この日は天気が良かったのでとても気持ち良かったです。

長男のランドセルも無事注文出来たので、丁寧に色々説明してくれた店員のお兄さんにお礼を言ってお店を後にしました。

土屋鞄製造所 軽井沢工房店

 

まとめ

今回は【ラン活】「土屋鞄製造所 軽井沢工房店に行ってランドセルを選んで来た感想」をご紹介させて頂きました。

旅行をかねて「土屋鞄製造所 軽井沢工房店」へ行ってみた結果とても大満足でした。お店の雰囲気やランドセルのクオリティの高さは勿論ですが、何よりスタッフの皆様がとても温かかったです。

来年の1月中に届くとの事なので、まだだいぶ先ですが楽しみに待っていたいと思います。

以上ナガアゴシマ(@naga_agoshima)でした。

スポンサーリンク