Naga_agoshima Life

Naga_agoshima Life

共働き子育てパパの家族日記。子育て・アウトドア・家族旅行・ANAマイル.....etc

【ソラチカルート改悪封鎖】ANA陸マイラープランを見直してみた結果

スポンサーリンク

チェーン 錠前

先日の2018年1月9日、東京メトロより2018年3月31日をもってGポイント、PeX、ドットマネー、ネットマイルからのメトロポイントへの移行サービスを廃止するとの発表がありました。

これは今までANA陸マイラー必須と言われていた「ソラチカルート」のポイント移行率0.9倍の終焉を告げており、多くのANA陸マイラーにとっては今回の改悪は悲しい決定となりました。

そこで今回はソラチカルート廃止を受けて、ANA陸マイラープランの見直しをしてみる事にしてみました。

 

私のANAマイルの貯め方の現状

私も以前からソラチカカードを所有しておりましたが、あまり効率良くANAマイルを貯める事が出来ていなかったので、このブログを書き出す事をキッカケに半年程前に色々調べて選んだ方法がこちらです↓

 

1.家族のメインカードは「ANA VISA ワイドゴールドカード」に

私達夫婦は現在、家庭の出費のほとんどをこちらの「ANA VISA ワイドゴールドカード」で支払う様にしております。こちらのカードには「iD」「楽天Edy」機能が付いているので、コンビニやスーパーなどでのちょっとした買い物にも使えて便利です。

こちらで1年間貯まったポイントを全てANAマイルに移行すると40,000〜50,000マイル貯まる計算なので、4年に1度位に海外旅行の特典航空券を家族分交換出来たら良いなと楽しみにしております。「ANA VISA ワイドゴールドカード」の詳細はこちら↓

 

2.ポイントサイトで稼いだポイントをANAマイルに移行

ANA陸マイラーの鉄板マイル精製術とも言える方法ですね。こちらのポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに移行する際の最高レートと言われていたのが「ANA To Me CARD PASMO JCB」を使った通称【ソラチカルート】です。

各種ポイントサイトで貯めたポイントを0.9倍という高還元率でANAマイルに移行する事が今までは可能でした。紹介者と新規登録者両方にメリットがあるシステムになっていて今後も利用者は増えていくのかなと思っております。

私は現在「ハピタス」に登録しており、何度か自身のブログでもご紹介させて頂きましたが現在の「ハピ友」は奥様一人でございます。泣

 

3.「ソラチカルート」を使ってメインカードのポイント移行率UP

「ANA VISA ワイドゴールドカード」は支払い方法をちょっと工夫して「マイペイすリボ」を少額でも利用する事で、通常貯まるポイントとは別にボーナスポイントを貯める事が出来ます。

通常ポイントは1ポイント10マイルで移行出来るのですが、ボーナスポイントは1ポイント3マイルの移行率です。そこでボーナスポイントを「ソラチカルート」を通す事で1ポイント4.5マイルまで交換率を上げる事が出来ました。2018年4月1日以降はこの交換率が下がってしまいます。

 

4.ソラチカカードを使ってANAマイルの有効期限切れ回避

私達の様にのんびりマイルを貯めている家庭ではマイルの有効期限切れ問題があります。ANAマイルの有効期限は3年間なのですが、ANA To Me CARD PASMO JCBの「メトロポイント」に移行して保有し「メトロポイント」をANAマイルにまた移行する事で、有効期限切れによるマイルの消失を回避出来ます。

この方法を使うと移行したマイルは1割減ってしまいますが、消えてしまうより全然良いですね。一つ注意点はメトロポイントからANAマイルへの移行は一ヶ月に20,000マイルまでなので、大量にマイルを保有している場合は計算が必要です。

スポンサーリンク

 

今回のソラチカルート改悪によるわが家への影響は?

2018年4月1日より実施されるソラチカルートのGポイント、PeX、ドットマネー、ネットマイルからのメトロポイントへの移行サービスの廃止による、わが家のANA陸マイラー生活への影響を調べて見直してみました。

メインカードのポイント移行率への影響

私達夫婦がメインで使っている「ANA VISA ワイドゴールドカード」への影響は以下の通りです。

 ・支払いで貯まる通常ポイントは今まで通り1ポイント10マイル

・「マイペイすリボ」利用で貯まるボーナスポイントは、1ポイント4.5マイル→1ポイント4.05マイル(LINEポイントルート利用時)

 

ポイントサイトで稼いだポイントのANAマイル移行率への影響

私が利用しているポイントサイト「ハピタス」からのANAマイルへの移行率への影響は以下の通りです。

 ・「ソラチカルート」を利用してのANAマイルへのハピタスポイントの移行レートが0.9倍→0.81倍(LINEポイントルート利用時)

私の場合現在貯める事が出来ている「ハピタスポイント」は微々たるものなので移行率が少し下がってもあまり痛くありません。

 

2018年4月1日以降の最有力ソラチカルート候補「LINEポイントルート」とは?

 

今回の東京メトロの発表でGポイント、PeX、ドットマネー、ネットマイルからのメトロポイントの交換は封鎖される事になってしまいましたが、「LINEポイント」からメトロポイントへの移行廃止はありませんでした。

ポイントサイトなどで貯めたポイントをポイントタウンやGポイントを経由して「LINEポイント」にすれば等価交換で移行可能です。

「LINEポイント」からメトロポイントに移行する際に0.9倍なので今までの「ソラチカルート」の移行率より1割目減りした0.81倍での交換になりますが、割と高い交換率を維持する事が出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「ソラチカルート改悪封鎖 ANA陸マイラープランを見直してみた結果」をご紹介させて頂きました。

結局の所私の場合、ポイントサイトであまりポイントを貯めれていないのであまり大きな影響は無く、ANAマイルの有効期限切れ回避の為にも「ソラチカカード」は解約せずこのまま保有してみようと思います。

「LINEポイント」からメトロポイントからメトロポイントへの移行もいつ廃止になるかわからないので様子見が必要ですね。

いつか訪れる家族旅行を楽しみに、のんびりANAマイルを貯めて行きたいと思います。

以上ナガアゴシマでした。

スポンサーリンク